スポンサードリンク
ボニック



以下のソースをブログに貼り付けると、上記のように使えます。

2011年06月03日

表情筋〜顔のたるみを引き上げるマッサージ

テレビ東京「ニッポンの味方」という番組で、
宝田恭子さんが顔のたるみを引き上げるマッサージの方法をやっていました。



宝田恭子さんが言っていましたが、
顔の筋肉は骨にくっついていないものが多くあります。
筋肉にくっついている筋肉は骨にくっついている筋肉に比べて
重力に負けやすいです。
重力は考慮しなければなりません。



私も小顔矯正をやっていましたが、
その頃は表情筋を意識していました。
マッサージすると引きあがることを感じます。



宝田恭子さんがやっていたマッサージ方法はとても理にかなっていて
面白かったです。
その引き上げる方法とは

・親指を口の中に入れて、親指と人差し指で頬を挟みます。
・それを8回かけて、上から下に耳の方から前へマッサージします。
・8回やったら、今後はまた耳の方へ戻ります。


それと2Lのペットボトルを使ったトレーニング

・まずは、「ほ〜〜」と言いながら息を吐き出します。
・吐き切ったところで、肛門括約筋(お尻の穴)を閉めながらペットボトルを吸い上げます。
・ゆっくり吐きます。
・吐き切ったら、ゆっくり吸います。
・ペットボトルがつぶれることを競い合っているわけではありません。


終わったあと、顔の筋肉を使ったと実感すれば正解です。
腹筋を使いますので、尿もれを防ぐことができます。


早速管理人もやってみましたが、飽きないし、
楽に表情筋トレーニングができると思いました。
これは面白い、良い方法だと思います。


「笑うことは免疫を上げる」
「笑う門に福来る」
と言いますが、これは本当です。


笑うことは体に良いので、免疫が上がります。
笑うと表情筋を使うので、顔が若返ります。
笑うと他人に良い印象を与えるので幸せになることはうなづけます。


お笑いを見ること、表情筋トレーニングをすること、
患者さんにもおすすめしますが、
管理人も率先して続けたいと思います!
タグ:宝田恭子
posted by ぱんきんまん at 22:37| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。