スポンサードリンク
ボニック



以下のソースをブログに貼り付けると、上記のように使えます。

2010年06月10日

管理人の忘備的豆知識〜歯の痛みと三叉神経

最近、当ブログにお二方からコメントをいただき、噛むことやらサプリは痩せないと
私は楽しくないことを書きましたが、でも、読んでくださる方は読んでくださるんだなぁと感激いたしました。



そんなところに、一昨日私は歯医者さんに行きました。
右下の奥歯が痛かったからです。
熱いもの、冷たいものを食べると激痛が走り、
これは尋常ではないとかかりつけの歯医者さんに行ったのです。



診察してもらいましたが、表面上全く問題がないので、レントゲンを撮ることになりました。
しかし、レントゲンを見ても、虫歯らしき異常は何もないと
いう見立てでした。知覚過敏であろうということです。



なぜ知覚過敏になってしまったかと言うと、私は噛み合わせの関係から
奥歯が磨り減っているということで、
磨り減り続ける→エナメル質が減る
わけですからしみたりすることもあるだろうということです。



1ヶ月位様子を見て、それでも痛ければまた来てくださいという事になりました。
私もそれならば、と納得し、様子を見ることにしました。
2日経った今、食事の時に痛いことは痛いのですが、
気のせいか、大丈夫な痛さだと分かったせいか
痛みが和らいだ気がします。
そのうち慣れるような気がしています。



人間の顔には三叉神経という神経がこのように・・・
三叉神経
三叉神経
眼、上顎、下顎に走っています。



下の歯に痛みがある場合、下の歯に異常があるのが通常なのですが
痛みがひどい場合、痛みが脳に伝わる途中で、
三叉神経がその痛みを上顎の痛みなのか下顎の痛みなのか
分からなくなることがあるというのです。
もっとひどいと、眼や頭痛を歯の痛みとして
脳に伝わることがあるというのです。



今回先生は私の歯をチェックする時、
上の歯まで診てくれていたのはこういうことだったのですね・・・。
私は「三叉神経」の存在は知っていましたが、
痛みってこういうふうに脳に伝わるんだ・・・と
いうことまでは知りませんでした。



今回私は良い勉強をしました。
読者様の良い情報になると思いますので、忘備的に書いておきます。
posted by ぱんきんまん at 10:08| Comment(0) | まめちしき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。