スポンサードリンク
ボニック



以下のソースをブログに貼り付けると、上記のように使えます。

2010年04月11日

足やせ 痩せるツボ2 〜足少陰腎経

今回は足少陰腎経(あしのしょういんじんけい)、痩せるツボその2です。
足少陰腎経は足の裏、湧泉(ゆうせん)という経穴から始まり、下半身、上半身へ抜けます。


全身から巡ってきた水分は腎臓へ送られ、腎臓の働きで不要な水分は尿として排出されます。老廃物を膀胱へ送る大切な経絡です。
ダイエットはまさに身体の老廃物を排出することが大事ですので、この経絡を刺激することは東洋医学の観点からとても効果的だと考えられます。



今回も足やせに直結するつぼ2点をご紹介します。
湧泉と照海(しょうかい)です。
湧泉
脚細く
足の指でビー玉をつかもうとした時に、足の裏で一番凹む箇所です。
リフレクソロジーではソーラープレクサス(太陽神経叢)と言い、
内臓全ての神経が集まっている所と言われます。
湧泉はとても大事なつぼで、押されると気持ちつぼです。
足の裏で一番気持ち良い箇所だと思います。
内臓の働きが良くなる=体外に水分を出しやすくなります。
リフレクソロジーも東洋医学も同じ解釈をしていると見て良いと私は思います。



照海
照海は内果(ないか くるぶしのこと)の直下です。
足やせ つぼ2
実は、このくるぶしの回り下半分はつぼの宝庫です。
前回の商丘もくるぶしの近くです。
リフレクソロジーで言うと、生殖機能の働きを助けるつぼでもあります。



今回ご紹介した2点は、足やせに直結する、そして足のむくみにもすぐに対応できるつぼです。
湧泉は私個人的にリフレの中で一番気持ち良く満足感の高いつぼなので
特に、パートナーとやりっこしたいつぼです。他人に押してもらい心地良さを得たならば
自分で押した場合の効果10倍分に値すると思います。



これで足やせダイエットに関連するつぼ4点覚えたことになります。
ダイエットがはかどり、夏までにそのダイエット効果が期待できると思います。
タグ:痩せるツボ
posted by ぱんきんまん at 18:00| Comment(0) | 痩せるツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。