スポンサードリンク
ボニック



以下のソースをブログに貼り付けると、上記のように使えます。

2010年01月13日

太ももダイエット 体重を計るだけダイエット

NHKためしてガッテンで「(体重を)計るだけダイエット」をやっていました。
計るだけダイエットは多くの効果を生みました。
・3ヶ月で-4.6kg
・リバウンドは2年で9%



ただし、女性の方が挫折が多いというデータが出ました。



番組ではまず男性と女性の体の違いから入りまして、「女性はこうすればダイエットできる」の説明がありました。私は女性の体の構造に着目したダイエットは考えたことがなかったのでとても興味深かったです。



1.計るだけダイエット、ポイント
・1日2回体重を計る
(朝食前及び夕食後、体重に乗る)
・同じ服装で計る
・1日50g〜100g減るよう心がける
・計測値をグラフにする
・言い訳欄を設ける(→後で参考になるので)



計るだけダイエットを続けていくと、
・徐々に右下がりに体重が落ちていく。
・男女で右下がりの塩梅が違う。



塩梅が違うのは女性は甘い物を食べてしまうから。
その理由→女性ホルモンが甘い物を好む性質がある(ラットで検証)。



女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがある。
プロゲステロンは脂肪を蓄える働き(=全身ふっくらホルモン)
エストロゲンは内臓脂肪を使う働き(=おなか痩せホルモン)


女性の計るだけダイエットの体重右肩下がりは規則性がある(階段状ダイエット)。
生理の前、10日間はプロゲストロンが多く存在する期間
→食べ過ぎ注意期間。体重増加傾向、増えなければ儲けモノ期間。


生理の後、10日間はエストロゲンが多く存在する期間
→有酸素運動強化期間。やればやっただけ効果が出る期間。
この期間に体重が落ちていく。



すなわち、体重落ちる→横ばい(少し増える)→生理→体重落ちる→横ばい→…
を繰り返していくことになります(階段状ダイエット)。


計るだけダイエットをおこなって男性はどんどん落ちていく一方、
女性が挫折しやすいのはこのような理由があるからです。



2.女性の脳
女性は楽しくおしゃべりをしながら食べてしまう習性があります。
脳の右44野(模倣、共感)(集団行動、共感して涙する)
脳の左44野(おしゃべり)(OLさん、お昼は同僚と食べる)
前頭前野 (他人への関心)(井戸端会議。男性はしない)
が発達しているからです。



まずは、女性の体・脳の構造を知る、ここまでが今週の内容でした。
来週は「10秒ダイエット」とのことです。
これなら太ももダイエットでも何でもイケるかもしれません。
楽しみです。
posted by ぱんきんまん at 22:19| Comment(0) | ダイエット 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。