スポンサードリンク
ボニック



以下のソースをブログに貼り付けると、上記のように使えます。

2009年04月06日

太もも内側痩せ!ターンナウトでダイエット!

太もも痩せダイエットの効果を上げるためのレッスンです!
磯山さやかさんがクワバタりえさんのコアリズムダイエットに
励むとのことです。磯山さやかさんも太もも痩せダイエットを
頑張っているようですから我々も頑張りましょう!
今から夏に向けて太もも 内側を意識すれば
5月初旬にはダイエット効果が感じられると思います^^!


★1番
ダイエット1番

本日のレッスンは、
ダイエットターンナウト1
ダイエットターンナウト2
のレベルUPレッスンです。
太もも 内側を意識する時、太ももを外へ、外へ開く
(ターンナウト)するのはもちろんですが、
その時、下腹を上へ引き上げる意識をしましょう。


ダンス、バレエは体幹、腹、腰で踊ると言っても過言ではなく、
ダンサーは体を上へ引き上げることをいつも意識しています。
そのおかげで下半身の動作がしやすいし、見栄えがするのです。


下腹を上へ引き上げた状態で「気をつけ」の状態を取り、
太ももを外へ開きます。これが正しい1番のターンナウトです。


バレエダンサーに脂肪を落とすためのダイエットを要する人はいません。
ちゃんとバレエをしているバレエダンサーは全員細いです。
太ったバレエダンサーを見た事がありません。
バレエの動作は太ももをはじめ、おなか、わき腹などのダイエットに著効であると信じて良いと思います。
正しい方向が分かれば、それに向かって安心して進めると思います。



★2番
太もも2番
2番は脚を開いたバージョンです。
1番も2番も意識は同様です。
下腹部、上体を引き上げているところに
太もも 内側を意識してターンナウトします。


2番は下腹部、上体を引き上げていないと、
おなか、腰が目立って前へ出てしまいます。
ぜひ2番に取り組んで、上体が引きあがっているか
確認してください^^。


バレエレッスンに初めて出た場合、まずはこれをやります。
上体引き上げと太もも 内側が意識できていないと
後々苦労することになってしまうんです。
ぜひバレエの無料レッスンに行って、確かめていただきたいと思います。
今日のレッスン、上体を引き上げてターンナウトの癖がついた頃には
太ももが引き締まって今よりも細くなっているはずです。


ところで ヒップホップなども、実はトップダンサーは上体が落ちていません。
体が引き上がっているところに、わざと背中を丸めてみたり
斜に構えたり、崩すからカッコ良い動きができるんです。
最初から丸まっていると、力で下半身を動かさざるを得ないから
動きが重く見えてしまうんですよ。
posted by ぱんきんまん at 21:25| Comment(0) | 太もも内側に注目! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。