スポンサードリンク
ボニック



以下のソースをブログに貼り付けると、上記のように使えます。

2008年11月03日

太ももの裏側、手軽にトレーニング!

太ももを締める運動をご紹介して来ましたが、
これまでの運動は全てバレエの動作です。
バレエの動きはダンスの基礎と言われています。

ストリートダンスやヒップホップは、バレエと関わりがないように
思われるかもしれません。確かに直接的に関わりはないと私も思いますが、
バレエで体の使い方を知っておくと、ストリートダンスに限らず
あらゆるダンスに役に立つ、ダンスの幅が広がると思います。

太ももから話が反れましたが、
今回も簡単で効果のあるトレーニングをしていきましょう。


1番
まず、基本姿勢である1番で立ちます。
今日はいつも以上に、上半身を上へ、上へ引っ張られる意識を持って上へ伸びます。


このまま脚の内側、太ももの内側を意識しながら、ターンナウトしながら
脚を後ろへ出します。この時上半身が落ちますから注意が必要です。
上半身を上に引っ張っておきながら脚を後ろへ出すことで
上半身と脚で引っ張り合っているイメージをすることが大切です。


本当は、腕はバレエの形があるのですが、ここでは割愛します。
何かに捕まってもOKです。上半身が落ちないようにしておけばOKです。


上半身を上でキープした状態で脚を後ろへ伸ばすと
腰の筋肉に効いて来ます。
太ももはターンナウトをしながら後ろへ伸びているので
太ももは締まっています。


普段味わえない痛み(腰痛等の痛みの事ではない!)を腰に味わえれば
その部分を使っていると分かります。
背中側の筋肉を使うこともとても大事です。
わき腹のお肉が絞れます^^。


太もも細くするのに、脚(太もも)だけトレーニングすれば良いという事はないのです。
ボディビルでしたら、その箇所だけやるトレーニングがあると思いますが、
太ももダイエットの場合、全身の中の太ももと考えた方が良いです。
上半身と脚が引っ張り合った状態で、
太ももが外を向くからこそ太ももが絞れるのです^^。


最初のうちは、何かに捕まって脚を後ろに出せばOKです。
その時、太ももと腰に効いてる!と感じれば◎です!
posted by ぱんきんまん at 19:00| Comment(0) | 簡単ダイエット運動・トレーニング! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。