スポンサードリンク
ボニック



以下のソースをブログに貼り付けると、上記のように使えます。

2008年08月31日

太ももストレッチの仕方!

今日は、正しい太ももストレッチを記します。
まず、ストレッチをするとなぜ良いのか。
それは、筋肉、関節が柔らかくなると
血流が良くなって、栄養が組織に届きやすくなるから。
老廃物が流れやすくなるから、です。


ワンちゃん、猫ちゃんも「伸び」をしますよね。
伸び、すなわちストレッチは動物がする行為で
体に必要なことであることは実証済みです。
さらに、プロスポーツ選手は体が柔らかい事からも
体を良い状態にするにはストレッチが
必要だと言えますね。


ストレッチの仕方なのですが、
我慢比べをする訳ではないので
息を止めない。
気持ち良いところで。
伸ばしている箇所を意識して。
太ももなら「太ももが伸びているなあ〜」と意識して、
ストレッチすることが大事です!


では、具体的にどう伸ばしたら良いか
見て行きましょう。開脚して、無理をしない範囲で
上体を前に倒してみましょう。
開脚べったり
ももの内側、膝の内側、股関節に効いてきます。
写真のように上体を倒せなくても
イメージは写真の通りで。イメージが大事です!
息を止めないで、息をゆっくり吐きましょう。



2.
片足を折りたたみ、上体をゆっくり後ろへ寝ると
前側のももが伸びます。簡単です。
硬くなりやすいところです。



あぐらをかいて座り、左足を右膝に引っ掛けます。
上体は左へねじります(ツイスト)。
上体を前に倒すと左ももの裏側が伸びます。
日常生活にない姿なので
とても気持ち良いと思います。
反対脚も同様に行います。
片足を正座し、上体を後ろへ倒しましょう。


とりあえず、この3つをやってみましょう。
最初からメニューを多くすると負担になることが
あります。
次もまたやりたい、と思うように
少し足りないと思う位が調度良いと思います。


息をゆっくり吐きながら
一つの動きを15秒くらいやるのが効果的です。
ヨガみたいですね!
posted by ぱんきんまん at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。