スポンサードリンク
ボニック



以下のソースをブログに貼り付けると、上記のように使えます。

2008年07月29日

有酸素運動:無酸素運動=8:2!

今日は運動の仕方のお話です。まず、筋肉についてのお話から…。
筋肉は、大きく分けて2種類あります。
遅筋(赤筋)と速筋(白筋)です。
遅筋は、持続力の筋肉です。
速筋は、瞬発力の筋肉です。


遅筋はマグロに例えられます。
マグロは広い太平洋を泳ぐので
持久力が必要な訳です。
だから赤い筋肉なんです。


速筋は、ヒラメに例えられます。
跳ねるように狭い海をピチピチッと泳ぐ(跳ねるように移動する)ので
瞬発系な訳です。
だから白い筋肉なのです。


ダイエットの運動で狙うのは、
私の体験ですが、遅筋:速筋=8:2位が良いです。
遅筋を鍛えると、脂肪を使うので体のぜい肉が落ちます。
マラソン選手のような体になります。
速筋を鍛えると、筋肉が付きムキムキの筋肉マンになります。


太ももやウエストを細くしたいのになぜ筋肉を付けるのか?
それは基礎代謝量を上げたいからです。
基礎代謝量とは、何もしなくても消費するカロリーのことです。


女性の場合、基礎代謝量は概ね1700kcalです。
理論上は、1日1700kcalごはんを食べて、太らない訳です。
この数値を大きくしておこうという考え方から
速筋を鍛えようという訳です。


当面、脂肪を落として、筋肉を付けていくのを
目指すのが良いと思います。
ダンサーのレッスンの場合、知らず知らずのうち
この位の配分になっています。
ダンスには一瞬の動きもありますが、
しなやかに長い時間動く方が多いので、自然とこうなる訳です。
太ももをはじめ、まず細くしたい場合

遅筋トレ:速筋トレ=8:2

位が最適と私は思います。
posted by ぱんきんまん at 14:56| Comment(0) | 簡単ダイエット運動・トレーニング! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。