スポンサードリンク
ボニック



以下のソースをブログに貼り付けると、上記のように使えます。

2008年07月15日

太ももに良い歩き方をしてみる!

皆さん、日頃歩く時、何を心がけていますか?
運動する時間を設けて、運動する時間がない方が
多いと思います。
通勤の時に、歩き方を少し意識すれば
カロリーを通常よりも消費できてしまいます!
日常生活の中で運動しちゃいましょう。


太ももを細くしていく上で必要なのが
カロリーを消費しやすい体にして行くことです。
以前書きました、内側を使う
これに着目してのことです。


歩く時、気持ち、大股で歩いてみましょう。
お腹の中の腸腰筋が使われます。
この腸腰筋も太ももと同様、大きい筋肉です。
体の根幹をになう筋肉です。
イチロー選手はこの腸腰筋の使い方がうまいので
メジャーリーグでもパワー負けしないと言われています。
それほど大事な筋肉です。


その腸腰筋を使うと、太ももと同様に
カロリーを消費しやすい体になります。
ダンサーは、この腸腰筋を意識してストレッチします。
腸腰筋を使うと踊りが変わって来るんです^^。


さて、その腸腰筋を使うためには…
両腕を振って歩くと良いです。
両腕を振って歩くと、自然と大股になり
足を出す度にお腹の中の筋肉が使われるのが
感じられると思います。


それと、足の親指、拇指球の辺りで地面を蹴ることを
心がけると良いです。
ガニ股で歩いている人を見かけると思いますが
その時、歩き方を観察してみてください。
足の小指の側で地面を蹴っていることに
気づくと思います。
私は整体師の時、O脚矯正コースで
これを指導していました。


正しい歩き方をすると、
脚の外側でなく、太ももの内側を使うことになります。
姿勢も良くなります。
姿勢が良くなると内臓が圧迫されなくなります。
色々な部分に相乗効果が出て来ます^^。


これらの事から、正しい歩き方は
太ももを細くする事以外にもオススメです。
歩くことは毎日行う運動です、
正しく歩いてダイエット効果を上げて行きましょう。
posted by ぱんきんまん at 19:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。