スポンサードリンク
ボニック



以下のソースをブログに貼り付けると、上記のように使えます。

2011年04月13日

太ももの内側を細くする

太ももを痩せたいという人は多いですが、注目するのは太ももの内側です。
太ももの外側は大きな筋肉でここを鍛えるのは競輪選手など
運動系の選手です。



バレエダンサーは太ももの内側を意識して使います。
ダンサーのようにしなやかな伸び、ゆっくり持続した動きをする際は
おなかにせよ、太ももにせよ内側の筋肉を使います(意識します)。



このような太ももの内側を意識する運動(バレエでいう1番)をしてみると・・・
1番
太ももの内側をくっつけて、外へ外へ・・・開くようにするので
太ももの内側が締まるのが分かります。


このままひざを曲げてしゃがんでみると結構つらいです。
上半身を上に引っ張ったまま、プリエ(曲げる)しないと転びます。
かかとは浮いて良いです。


足を開いた状態を「2番」と言います。
2番


この状態で膝を曲げる(プリエ)運動も効きます。
2番プリエ


もう少し言うと、効くと言うより、
バレエダンサーはみんなやっています(バレリーナダイエット、バレダイ)。
ジャズも全てのダンサーはこれをやります。
いかに基礎的な運動かお分かりいただけるかと思います。


これをやると太ももの内側がピーンと張るので筋が出ます。
伸びている感覚があると思います。



注意点として、この太もも運動をやると・・・
4日目くらいに「ほんとにこの運動、効いてるのかな・・・?」と
思うことがあると思います。



バレエダンサー始めダンサーの練習なんてそんなもんです。
そしたら、効くように足の向き、伸ばし方などを微調整していくんです。
そうすると、もっと効く箇所が必ず見つかります。
それは自分だけの味なので、ダンサーはみんなすばらしい個性、面白さ、
かっこよさが出るんです。



今までやっていた運動の効果が分からなくなってきた、
効かなくなってきたというのであれば、
次に進む時かもしれません。
その時が来ることを楽しみに続けてみると良いと思います。
ダイエットも練習も継続であることは確かです。



今からダイエット運動をすれば、5月中旬に変化が見えて
6月上旬に確実に変わっていると思います。
参考:バレリーナダイエット(バレダイ)
posted by ぱんきんまん at 12:46| Comment(6) | 太もも内側に注目! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

インナーマッスルを伸ばす!〜腸腰筋ストレッチ

そろそろ太ももダイエットをして行きましょう。
2ヶ月あると、体がかなり変わります。
体力もつきますし、ウエストや太ももが細くなります。



本日は腸腰筋ストレッチです。
簡単ダイエット運動の一つだと思います。
ダンスのレッスンで必ず行うこの運動・・・
太もも細くしたい

110401moe.jpg

これはよく太ももの付け根を伸ばす運動として知られていますし、
実際、私もそうしてきました。


それはそれで正解だと思います。


ダンスのレッスンのアップをする時、そこからもう一歩進んでみましょう。
おなかの中の筋肉を伸ばすことに意識を注ぐのです。
そうすると、腸腰筋を伸ばせるようになります。


バレエダンサーはこれを意識しているし
知らない間に意識できていると思います。



脚を前後に開いている状態で上半身を上にひっぱるイメージなので
結構しんどいと思います。
意識を続けることが大事だと思います。
今回のレッスンでも、次回のレッスンでも・・・。


おなかの中の筋肉が使えるようになると、
説明できないような表現が変わってきます。
確実にダンスがうまくなります。
そして、痩せます。


おなかの中の大きい筋肉を使う、大きな筋肉は発達しているだけで
カロリーを使ってくれるようになるので、痩せるのは訳ないです。
一流のバレエダンサーがみんな痩せているのは
身体、筋肉をしっかり使えているからです。


私もレッスンが足りない時でも、この腸腰筋を意識しているので太らないです。
この筋肉を意識するようになったことで身体が変わった気がします。
すぐにできるようにならないのがつらいところですが
このストレッチをやる度に少し意識してみることをおすすめします。
posted by ぱんきんまん at 21:35| Comment(0) | 簡単ダイエット運動・トレーニング! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。