スポンサードリンク
ボニック



以下のソースをブログに貼り付けると、上記のように使えます。

2009年12月31日

太ももダイエットと食事

お正月は何と言っても食べ過ぎが心配だと思います。
魔裟斗、吉田秀彦、石井選手たち格闘家、あるいは箱根駅伝のランナーたちの体と自分の体をつい比べてしまいます…。


でも、太ももダイエットのオフシーズンですから
多少食べてしまうのは仕方ないと思います。
プロ野球選手もオフに太ってもシーズンに間に合わせてきますからね。



多めに食べた方が良いのは、やはり緑黄色野菜、
納豆、お豆腐などたんぱく質です。
お米を食べないダイエットがありますが、
それは程々にした方が良いです。
お米を減らす=炭水化物を減らすということで
良い方法ではあるのですが
どうも日本人のダイエット方法としては向かない傾向があるのです。



私自身、太ももダイエットをしている方を見ていて、
その方々が「お米を食べないと気力、体力が沸かない」
とおっしゃるのをよく聞きますし、
私自身の減量の経験からこれは言えます。



更に、糞という漢字、これは「米が異なる」と書きます。

このことから日本人のDNAは米が必要であるということを物語っています。



食事ダイエットとして炭水化物を減らす心意気はOKですが、
全く食べないのは×です。



それと、食事を減らす方法として食事の回数を減らすのは×です。
3食取った方が良いです。
なぜなら空腹のところに、食事が入ってくると、
スコールを吸収するサボテンのように
体が栄養を全部吸収しようとするからです。



たまにしか栄養が入ってこないから、
この時とばかりに体が反応してしまうのです。
我慢して食事の回数を減らしているのに
かえって良くない結果になります。



無理を伴う食事ダイエットは控えることをオススメします。
その方がダイエットが長続きしますし、
ダイエットの成果を体感できます。
これは多くのダイエットを目指している方々を見て来て、確かです。
posted by ぱんきんまん at 21:50| Comment(0) | ダイエット 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。