スポンサードリンク
ボニック



以下のソースをブログに貼り付けると、上記のように使えます。

2009年07月25日

ダイエット、間に合いましたか?夏到来です(^-^)

ダイエットの進捗状況はいかがでしょうか?
ダンサーがよく使う腸腰筋、太ももを伸ばす、
活性化することに目を向けて
今まで記事を書いて来た訳ですが、どうでしょうか?


ダイエット運動をあまりやらなかった、
夏までに何とかしようと思っていたけど、
何となく月日が流れて今になってしまった…(T_T)
そんな方もいらっしゃると思います。


歩き方、歩幅を広く取ることは
前回の太ももダイエット記事で述べたとおりなのですが、
最近私は大切なことを感じました。


ダイエット強化期間中は歩きやすい靴を履いておきましょう。
ということです。


通勤中、お買い物に行く途中に
「そう言えば、太ももダイエットしなくちゃなぁ」
とふと思うことがあると思います。
太もも ダイエット
そう思った時は
「ちょっと歩幅を広くしてみようかな…」
と思うと思います。
そして、ちょっと大股で歩いてみたり
すると思います。


この、やる気になった時に
足が痛い靴だと大股で歩くことなんて絶対にしません。
出てきたやる気が抑えられてしまいます。


歩幅を広く取ることに慣れると
必ずお腹の中の筋肉を使っている感じを覚えます。


ここまで到達するとおそらく
ダイエットに取り組む気持ちがアップしています。
「もう少し他の運動をしてみたい!」
と思っているかもしれません。
ジムに行ってみたり、
本当にダイエット運動をしてみたり
展開が生まれるものなんです。
太もも ダイエット
運動のクセがついていない場合、
こういう段階が必要なんです。
ここまでいけば、後は放っておいても
ダイエット運動をするようになります。


私、先日丸井のバーゲンで定価2万円の靴(タケオキクチ)を
1万円で買ったのです。
ホクホクで帰宅し、次の日から履いたのですが、
くるぶしに靴の固い部分が当たって痛い、痛い…。
痛くないように歩くから、歩幅なんて言っている
余裕がなくなりました。


これはいけない、
そこまで辿り着く第一段階でつまづいてしまう、
せっかくやる気になった人の
やる気を削いでしまうと私は思いました。
そういう障害はできる限り避けたいのです。


ですから、歩きやすい靴を履いておけば
その障害の一つがクリアできる可能性が生まれます。
運動するクセがついていない場合は
こういう障害に遭わないことが大事だと私は思います。


ということで、
ダイエット強化期間だけは歩きやすい靴を履いておく
ことをお勧めします。


「本当はハイヒールを履きたいのに
何でこの靴を履いているんだっけ…?
そうだ、歩きやすいようにしておくためだった…」
と思うようになって、
普段の徒歩が充実することを
お祈りしています(^-^)v
posted by ぱんきんまん at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。