スポンサードリンク
ボニック



以下のソースをブログに貼り付けると、上記のように使えます。

2008年12月31日

太もも下半身ダイエット中断でも良いんですよ(笑)

お正月に食べて飲んでしまうのは、良いことだと思います。
なぜなら、私たちは太もも、下半身ダイエット 痩せるために
生きているわけではないからです。


久しぶりに会う人と楽しく飲んだり食べたりするのは
当然ですよね。この際、好きなだけ飲んじゃえば良いと思います。
飲んだら、そのお友達と「いっぱい飲んじゃったね。
少しお散歩でもしない?」って言えば良いと思います。


お腹一杯になったら、特に食べたくならないと思います。
おしゃべりはしたいと思いますから
お散歩しながらお話したら最高ですね。
その時、少し大股で歩幅を広くホップステップ、というふうに
歩くと良いと思います。太ももとお腹の中の筋肉に効くからです。


外に出るまでは非常に面倒臭いですが、出てしまえば意外に
色々なことをしてしまいます。偶然学校のグラウンドに来てしまったら
かけっこしようとか鉄棒やろうとか、昔に戻ることもあるかと思います。
太もも下半身ダイエットになりますから、大いに遊ぶと良いと思います。
なかなか日頃、太もも、股関節などの筋肉を大きく使うことは少ないですからね。


私もこのお正月は実家に帰省します。
グローブを持って行って弟とキャッチボールをする予定です。
キャッチボールをすると太ももとお尻の筋肉が次の日
ものすごく張るんですよ。
野球の投手は下半身が基本といわれるゆえんですね。


実家では美味しいものが待っています。親戚のおばさんも来ます。
そのおばさんはいつも豪華な牛肉(あるいはそれに準ずる物)を買って来てくれるので
たくさん食べてしまいそうです。食べて、太ももお腹、
下半身に効く運動を楽しみながらしようと私は思っています。


今年一年、ご覧になってくださりありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。良いお年を!

下半身ダイエットプログラム
posted by ぱんきんまん at 23:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

三橋さんのダイエット!〜痩せる近道

以前三橋さんとお話したことがありますが…


三橋さんの太もも下半身ダイエットのお話、
私のやり方と似ていたので
「同じ考えしてる人っているんだなあ〜」と
その時、思ったのを覚えています。


基本、太ももダイエットは結局自分で運動、
ストレッチするしかないのですが、
もし何かダイエットプログラムをやりたいのであれば、
私の今までの記事の他に三橋さんのこれは良いと思います。
11111111111111111s.jpg


三橋さんの紹介文の中に同意できる点があります。



・あなたの脚を細くすることができるのはあなた自身だけなのです
まさにそうです。自分が行動するしかありません。
 効率良いやり方を知って取り組むのが近道だと思います。



・施術自体効果あるが、問題はその効果の持続性なのです
・日が経つとまた元に戻ってしまう
そうなんです。肩凝りを柔らげたとしても
 仕事して、また肩が凝るのと同じなのでメンテナンスが必要になります。
 メンテナンスの仕方が本やデータを手元に置いておいて、気付いたらチェックするとモチベーションがまた上がってくると思います。



・再度サロンに行き、すっきりしても3日後には同じように戻る
 これを繰り返すために「エステで時間とお金をかけたわりには効果がイマイチ…」
 となってしまう
私も施術して、患者さんからこれを言われた事があります。
 体は使ったら運動なり施術受けるなりメンテナンスが必要なのですが…
 患者さんはエステに行っただけで、ダイエットできると思ってしまっています。
 エステは単なる手助けです。実際に行動するのはその人です。そこを意識しないとダイエットは難しいと思います。



・下半身はそんなに簡単にやせては困る
 無理に下半身をサイズダウンさせると腰痛、膝の痛みなど様々な
 体のトラブルを引き起こす。
 バランスのよい美脚つくりを目標にしてください
まさにそうです。膝の悪い力士が多いのをご存知ですか?
 外傷もありますが、あれだけの体重を2つの細い膝が耐えられないからなんです。



・1年間のメールサポート
これは大事です。モチベーションの維持になるからです。
 スポーツジムに通う人は、仲間がいたり、レッスンの
 タイムスケジュールがあったり、アクセントがあるから
 継続できるんです。
 状況報告をするために運動する、これで良いと思います。
 ダイエットを止めちゃうことを止められるんです。



やるやらないはさておき、色々と良い事が書いてあるので見てみると良いと思います。
ダイエットに対する意識が変わると思います。


→→詳細はこちら。
posted by ぱんきんまん at 18:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。