スポンサードリンク
ボニック



以下のソースをブログに貼り付けると、上記のように使えます。

2008年11月26日

これだけはやりたい、太ももダイエット運動!

太ももダイエット、やろうやろうと思っていても
なかなか取り組めない方へ!
太ももを細くして行く上でこれだけはやっておきたいストレッチを
お知らせします。お風呂上がりにやると体が温まっているので
効果的であり、意外に気持ち良いです。
アロマやエステを受けるほどではないですが(笑)。


開脚 倒す前
まず開脚して座ります。
無理ない範囲で目一杯股関節を開くと
膝の内側、太ももがピーンと伸びるのが分かると思います。


これが大事です。運動していないと血流、リンパの流れが滞ります。
特に、デスクワークでパソコンをずっと見ていたりしますと
本当に肩、腰、股関節、太もも等が硬くなります。
それを伸ばしてあげることがとても大事なんです。
老廃物を留めず、新しい栄養分を体に循環させるためです。


ちょこっとだけ上半身を前に倒そうとしてみましょう!
(上半身を倒すのではなく、倒そうとするだけで良いです)
イメージはこんな感じです↓
開脚 べったり2


体はイメージする事が大事なんです。
体はイメージした方向に進んでいくものなんです。
勿論、1週間で変わるものではありませんが。


体が硬くなって行きながら、太ももが細くなっていくと
いうことは、私の経験上ありません(病気で細くなるのは別)。
整体施術をしていて、
「この方、最近細くなったなあ」と思うことがたまにありましたが
お話を聞いてみると定期的な運動、ストレッチをしていらした
ことが圧倒的です。そして、太ももの裏側、腰の筋肉の質が
とても良くなっていることが多いです。
酸素を豊富に含んで健康的なお肉というのが手を通して
伝わってくるものです。


座って開脚してから、歯を磨いたり、音楽を聴いたり
テレビを見ても良いでしょう。
そして、気が向いたら実際に体を前に倒してみる、
そんな感じで良いんじゃないでしょうか^^。
posted by ぱんきんまん at 22:02| Comment(0) | 簡単ダイエット運動・トレーニング! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

ダイエット運動中の水分補給について!

太もも上げをして絞っているにせよ、エアロビクスをするにせよ
水分補給は必要です。「運動中は水を飲むな!」という教えは
時代錯誤も甚だしいです。
かく言う私も中学校の部活は、水を飲ませてもらえませんでしたけどね(>_<)


汗をかいて、体内の水分が少なくなると血液がドロドロになってしまいます。
栄養が筋肉中に運ばれにくくなり、老廃物が心臓に戻りにくくなるのです。
根性を鍛えるためならいざ知らず、太ももやお腹の脂肪をなくしたいために
ダイエット運動をしているのですから
いつでも血液サラサラにしておきたいものです。

体内の塩分が少なくなって血液が薄くなり過ぎるのも良くないのですが
今回はこの件に関する説明は省略します。


何をどのくらい取れば良いか?
結論を言うと、水、お茶、ウーロン茶などが良いです。
私個人的には、そば茶、カゴメ六条麦茶が好きです^^!
汗をかいた時は特においしいので、ご褒美という事で
私はそば茶、カゴメ六条麦茶を飲んで「おいしい!」と味わっています。


私は飲んだ事がありませんが、
酸素が入っているミネラルウォーターも良いと思います。
「う〜ん、おいしい!酸素が体に染み込んでいるゥ!o(>▽<)o」
と思いながら飲むことも良い事だと思います。

太もも、腹筋を鍛えている時、
太もも等その箇所を意識しながら運動するのと同様、
良質の水分が体に染み込む事を想像、実感するのです。


最後に、スポーツ飲料として市販されている甘い飲み物、
これは止めておいた方が良いです。糖分が多過ぎます。
お腹がざぶざぶになります。
砂糖なしで甘い場合は、舌(味覚)をおかしくさせる甘味料が入っている事があります。
甘い物を取りたい時は正規の甘い物(砂糖、黒砂糖)を取って、
堂々と甘みを味わいましょう。
posted by ぱんきんまん at 17:47| Comment(2) | 簡単ダイエット運動・トレーニング! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

太ももの裏側、手軽にトレーニング!

太ももを締める運動をご紹介して来ましたが、
これまでの運動は全てバレエの動作です。
バレエの動きはダンスの基礎と言われています。

ストリートダンスやヒップホップは、バレエと関わりがないように
思われるかもしれません。確かに直接的に関わりはないと私も思いますが、
バレエで体の使い方を知っておくと、ストリートダンスに限らず
あらゆるダンスに役に立つ、ダンスの幅が広がると思います。

太ももから話が反れましたが、
今回も簡単で効果のあるトレーニングをしていきましょう。


1番
まず、基本姿勢である1番で立ちます。
今日はいつも以上に、上半身を上へ、上へ引っ張られる意識を持って上へ伸びます。


このまま脚の内側、太ももの内側を意識しながら、ターンナウトしながら
脚を後ろへ出します。この時上半身が落ちますから注意が必要です。
上半身を上に引っ張っておきながら脚を後ろへ出すことで
上半身と脚で引っ張り合っているイメージをすることが大切です。


本当は、腕はバレエの形があるのですが、ここでは割愛します。
何かに捕まってもOKです。上半身が落ちないようにしておけばOKです。


上半身を上でキープした状態で脚を後ろへ伸ばすと
腰の筋肉に効いて来ます。
太ももはターンナウトをしながら後ろへ伸びているので
太ももは締まっています。


普段味わえない痛み(腰痛等の痛みの事ではない!)を腰に味わえれば
その部分を使っていると分かります。
背中側の筋肉を使うこともとても大事です。
わき腹のお肉が絞れます^^。


太もも細くするのに、脚(太もも)だけトレーニングすれば良いという事はないのです。
ボディビルでしたら、その箇所だけやるトレーニングがあると思いますが、
太ももダイエットの場合、全身の中の太ももと考えた方が良いです。
上半身と脚が引っ張り合った状態で、
太ももが外を向くからこそ太ももが絞れるのです^^。


最初のうちは、何かに捕まって脚を後ろに出せばOKです。
その時、太ももと腰に効いてる!と感じれば◎です!
posted by ぱんきんまん at 19:00| Comment(0) | 簡単ダイエット運動・トレーニング! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。